クレオパトラも全身脱毛をしていた?

クレオパトラも全身脱毛をしていた? 全身脱毛の歴史は古く、クレオパトラや平安貴族などの女性もムダ毛に悩んでいたことがわかっています。
紀元前30年頃のエジブトの女王であったクレオパトラは美に対しての意識が高く、様々な美容方法を行なっていたといわれています。
その中の一つが全身脱毛です。
クレオパトラの行っていた脱毛方法は現代の脱毛方法にに通じるものがあります。
彼女は、砂糖とハチミツから作った液体を体に塗って乾いたらそれを剥がすという、今でいうワックス脱毛を行っていたと考えられています。
この砂糖とハチミツから作ったワックスは自分で作ることもできます。
ハチミツと砂糖、水を鍋に入れて火をかけ、沸騰してきたらレモン汁を入れてとろみがつくまで煮詰めます。
とろみが出たら人肌まで冷まし、脱毛したい部分に塗って上から布をかぶせ、固まったら毛の流れに逆らって一気にはがすという方法です。
毛穴から毛を抜く方法ですので、定期的に行う必要があり、クレオパトラも痛みに耐えて脱毛処理していたと考えられます。

日本の全身脱毛の歴史

日本の全身脱毛の歴史 ツルツルの肌、憧れますよね。
実は全身脱毛の歴史は意外と古くからあります。
世界で見ると紀元前3000年も前、美人で有名なクレオパトラが硫黄やデンプンを含む除毛剤を使っていました。
日本では平安時代のころから記録に残っています。
平安時代、貴族の女性達は額の形を綺麗に見せるために、生え際をハマグリの縁を使って整えていました。
当時の美人の条件として長い髪の毛は必須でしたが、生え際も重要なポイントなのです。
また、江戸時代中期になると男性も脱毛をやり始めます。
ヒゲを含む、全体毛が嫌がられる時代でした。
眉毛を抜いて薄くした、かったい眉が粋とされて流行しました。
そして銭湯の男湯限定で毛切り石という軽石が置かれ、男性たちはすね毛やわき毛、陰毛などのお手入れをしていました。
男湯限定の理由は、当時の男性は褌でいる事が多かったので、その時に体毛が見えるのはナンセンスだったためです。
もちろん女性も石でのお手入れをしていましたが、特に遊女はチクチクしない様に切った先を線香で焼く方法を使っていました。
その後、明治となり針による脱毛や、海外から電気を使った脱毛が導入されていきます。
この頃の脱毛は痛みを伴う上に高額なのでできる人は一部でした。
そして、現代のレーザーに至ります。
世界には及びませんが、平安時代から日本の全身脱毛があったというのは意外ですね。

新着情報
(.*)!s', $str, $res)){ print $res[1]; } ?>
\n"; echo "
「".$q."」
に関連するツイート
\n"; echo "
Twitter
\n"; echo "
\n"; echo "
\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>